本文へスキップ

日本建設は、総合建設業としてトータル的なサービスでお客様の信頼と期待にお応えします。

TEL. 03-3265-3211

〒102-0076 東京都千代田区五番町14番地

お知らせInformation


2020年03月02日
■日本健康会議より「健康経営優良法人2020」として認定されました■

日本建設は、令和2年3月2日に、日本健康会議より「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」として認定されました。「社員の心と体の健康は経営の基盤である」との信念の下、当社はこれからも健康経営を推進してまいります。 
<健康経営優良法人制度>           
健康経営優良法人の認定制度とは、優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受ける環境の整備を目的としています。
 本認定制度は、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門(製造業・その他の場合300人以下)」の2つの部門に分けられ、それぞれの部門で「健康経営優良法人」を認定します。
 今年は、2017年の制度発足から4回目で、「大規模法人部門」で1481法人、また「中小規模法人部門」で4723法人が認定されました。日本建設は、2019年に続き3回目の認定となりました。詳細は、次の経済産業省ウェブページをご参照ください。
     

http://kenkokaigi-data.jp/company/


2019年02月21日
■日本健康会議より「健康経営優良法人2019」として認定されました■

日本建設は、平成31年2月21日に、日本健康会議より「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」として認定されました。「社員の心と体の健康は経営の基盤である」との信念の下、当社はこれからも健康経営を推進してまいります。 
<健康経営優良法人制度>           
健康経営優良法人の認定制度とは、優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受ける環境の整備を目的としています。
 本認定制度は、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門(製造業・その他の場合300人以下)」の2つの部門に分けられ、それぞれの部門で「健康経営優良法人」を認定します。
 今年は、2017年の制度発足から3回目で、「大規模法人部門」で821法人、また「中小規模法人部門」で2503法人が認定されました。日本建設は、平成30年に続き2回目の認定となりました。詳細は、次の経済産業省ウェブページをご参照ください。
     

http://www.meti.go.jp/press/2018/02/20190221002/20190221002.html

 

2018年02月20日
■日本健康会議より「健康経営優良法人2018」として認定されました■

日本建設は、平成30年2月20日に、日本健康会議より「健康経営優良法人2018」として認定されました。「社員の心と体の健康は経営の基盤である」との信念の下、これからも当社は健康経営を推進してまいります。 
<健康経営優良法人制度とは?>           
健康経営優良法人の認定制度とは、優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境の整備を目的としています。
 本認定制度は、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門(製造業・その他の場合300人以下)」と、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」の2つの部門に分けられ、それぞれの部門で「健康経営優良法人」を認定します。
 今年は、2017年の制度発足から2回目の認定となり、「大規模法人部門」で541法人、また「中小規模法人部門」で776法人が認定されました。2月20日に有楽町の朝日ホールで行われた認定企業の発表大会の様子ならびに全国の認定企業については、以下のウェブページをご参照ください。
     

http://kenkokaigi-data.jp/company/



 

2017年04月01日
■創立70周年のご挨拶■

  •  当社は、平成29年2月25日に創立70周年を迎えました。これは偏にこれまで当社を支えていただいたお客さまや株主・お取引先の皆さまのご支援の賜物と心より御礼申し上げます。

     当社は、大正15年7月1日に不動産管理会社として創業された「京橋ビルディング株式会社」をルーツとしております。その後、第一生命保険相互会社が京橋ビルディング(株)の株式を保有することになり、戦後の昭和22年2月25日に商号を日本建設株式会社に変更し、主に第一生命の営業用物件・社宅等の復旧・建築を担当することになりました。

     その後は、第一生命の支社・営業部・支部・社宅等の新築・改修工事の他、第一生命のお取引先企業を中心に第一生命以外のお客さまにも取引先を拡げ業容を拡大してまいりました。昭和60年前後には、不動産開発型の事業が軌道に乗らず苦しい時期もありましたが、関係会社のお力添えをいただき無事に乗り切ることができました。

     平成に入ってからは本業である総合建設業に専念し、長年培ってきた技術と経験を元に安全・品質管理に全力を尽くすことでお客さまの信頼を得、その後は新築から改修工事に至る建設工事を設計監理から施工まで一貫して手掛ける中堅ゼネコンとして発展してまいりました。

     平成26年9月26日には、株主の異動が行われ、新たに発行済株式の95%を清水建設株式会社が取得しました。これにより当社は、清水建設株式会社の子会社として新たなスタートを切ることになりました。残る5%の株式については、第一生命保険株式会社が保有しております。

     建設業界を取り巻く環境は、今後も社会・経済情勢により大きく変動することが予想されます。当社は、創立70周年を機にさらなる発展につなげるべく、安全・品質を最優先に営業力の強化と技術力の向上を図り、「お客さまが安心して工事を任せられる会社」を目指してまいります。また、財務体質の強化やリスク管理の徹底、さらにコンプライアンスの推進や環境問題等にも積極的に取組んでいく所存です。皆さま方におかれましては、より一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

                                       代表取締役社長 坂尾 彰信
     

2016年05月12日
■「富山市立大沢野中学校」の生徒さんが「課題解決学習」で当社を訪れました■

  •  大沢野中学校では、3年生の修学旅行の際、キャリア教育の一環として「課題解決学習」を行い、将来の生き方について学ぶ機会にしています。その一環で「ものづくり」が好きな男子生徒3名が数ある建設業の中から当社を選んで訪れました。

     落下防止のための安全帯、ヘルメットに名前や血液型が書かれている意味、また建築模型を利用し、周りの景色との調和を考えたビル造りについて丁寧に説明しました。
         
     
     今回の解決学習を終えて、企業訪問に来られた大沢野中学校の生徒3名は、課題解決や探究活動に主体的に取り組み、理解しようと努力する姿勢がとても伝わってきました。
     生徒の皆さんは、建築士になりたいという将来の夢を語ってくれました。生徒3名の今後の活躍に期待したいと思います。

2015年11月17日
■「静岡聖光学院中学校」の生徒さんが「職業体験」で当社を訪れました■

  •  静岡聖光学院中学校が進路学習の一つにしている“職業体験プログラム”で、同校の生徒さん2名が、11月17日に当社を訪れました。
     建築に関する基本的なことの学習と近くの作業所で実際の作業工程の一部を見学して、建築の一端を体験してもらいました。
     限られた時間でしたが、今回の職業体験が生徒の皆さんの将来の夢の広がりにつながることをお祈りいたします。
     机上学習と現場
    見学です。

2015年06月10日
■「藤岡中学校」の生徒さんが「夢探究」活動で当社を訪れました■

  •  藤岡中学校の学習活動の一つとしての「事業所訪問学習活動」(夢探究学習)で、建築に関心の高い同校の男子生徒6名の皆さんが、6月10日に当社を訪れました。
     生徒の皆さんからのインタビュー形式による建築に関する様々な疑問について、建築模型や実際の作業現場で使用する器具に触れてもらいながら解説し、建築への理解を深めていただきました。
     生徒のみなさんの将来の“夢探究”の一助になることを期待いたします。
         
     

2014年10月1日
■当社の株主異動について■

  • この度、平成26年9月26日付けで、弊社の発行済株式の95%を清水建設株式会社が取得いたしました。
    これにより弊社は、清水建設株式会社の子会社として業務を継続することになりましたので、お知らせいたします。なお、今回の株主異動により、弊社の株主構成は次の通りとなります。

       ・清水建設株式会社   190万株 (持ち株比率 95%)
       ・第一生命保険株式会社  10万株 (持ち株比率  5%)

    弊社はこれを機に役職員一同新たな決意をもって業務に取組む所存です。
    また、今後はシミズ・グループの一員として、更なる業績の発展と事業運営の安定化を進めてまいります。つきましては、今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

                                       
     

2013年11月15日
一般社団法人日本建設業連合会より第54回BCS賞 を受賞しました。

  •  一般社団法人日本建設業連合会が主催する本賞は「優秀な建築物をつくり出すためには、デザインだけでなく施工技術も重要であり、建築主、設計者、施工者の三者による理解と協力が必要である」という主旨で1960年に創設され、以後毎年国内の優秀な建築作品の表彰を行っています。今年度は全国各地から応募された65作品中17作品が選定され、当社及び竹中工務店JV施工の「第一生命新大井事業所」が、そのうちの1棟に選ばれました。
    デザインや機能が優れていることはもちろん、周辺環境や街並みへの配慮、地域との融合、新しい試みへのチャレンジなどの点が評価されました。
     
  • 【概要】
    いわゆる郊外型バックオフィスの思想の元、1968年に建てられた第一生命旧大井本社の事業所再編に伴う新築計画。空調機を内蔵した全長150mのホワイトコンクリートのバルコニーと、緑豊かなランドスケープが特徴です。
     
    所 在 地 神奈川県足柄郡大井町上大井131-1
    敷地面積 26,083.84u
    延床面積 44,488.36u
    構造規模 S・RC・SRC造/B1F・4F
    建 築 主 第一生命保険
    設 計 者 樺|中工務店東京一級建築事務所
    施 工 者 樺|中工務店横浜支店/日本建設
     

2013年06月24日
一般社団法人東京都建築士事務所協会の
第39回東京建築賞・共同住宅部門で
優秀賞 を受賞しました。

  • 東京建築賞は、建築士事務所の優秀な建築作品を表彰することにより、魅力ある建築と都市の建設に貢献し、あわせて建築技術の進歩並びに地域環境と生活・文化の向上に寄与することを目的としたものです。今回、本コンクールの共同住宅部門において、関東、甲信越地方より応募された17作品の中から、当社施工の「PATH」が優秀賞を受賞致しました。
  • 【概要】
     建物は十字型の屋外通路(PATH)によって4つのブロックに分割され、それぞれの建物ブロックが開口幅の異なる鉤型の2住戸で構成されています。内部においては、メゾネット住戸の採用、床から天井までの全面ガラス貼り空間、高窓又は天窓の採用等、多彩な住戸プランにより多様化するライフスタイルへの配慮がなされています。


     所 在 地  東京都渋谷区元代々木町48−10
     敷地面積  416.32u
     延床面積  1,570.71u
     構造規模  鉄筋コンクリート造(壁式構造)
     建 築 主  第一生命保険株式会社
     設 計 者  株式会社 SAITO ASSOCIATES
     施 工 者  日本建設株式会社
         
     

2013年01月01日
社団法人日本建設業連合会のBCS賞 を受賞しました。

  •  「優秀な建築物をつくり出すためには、デザインだけでなく施工技術も重要であり、建築主、設計者、施工者の三者による理解と協力が必要である」という主旨で創設された本賞において今年度は全国各地から応募された51作品中15作品が受賞し、当社施工(JV)の「豊洲キュービックガーデン」が、そのうちの1棟に選ばれました。
    「都心とは異なる町並み空間が形成されつつあるベイエリア再開発地区における周辺高層ビルとは一線を画した中高層オフィスビルの新しいオフィス空間の提案、実現」が評価されました。
  • 【概要】
    光・風を通す大きな吹き抜け、照度・空調のセンサー制御、ダブルスキン・カーテンウォール等最新の技術を利用した省エネを行うと共に(CASBEE最高ランクS取得)、建物の周囲や屋上に緑豊かな植栽計画がなされ、敷地面積の40%に至る緑化率を実現しています。
    1階には、来館者が気軽に利用できる店舗に加え、外部空間と一体となって変幻自在に使用できる多目的ホールが設けられており、街に新たな賑わいを生み出しています。
     
    所 在 地 東京都江東区豊洲3-2-3
    敷地面積 16,242.60u
    延床面積 98,805.96u
    構造規模 S・SRC造/中間階免震構造/B1F・14F・PH1F
    建 築 主 第一生命保険
    設 計 者 清水建設
    施 工 者 清水建設梶^前田建設工業梶^日本建設
     
       

2013年01月01日
「第56回神奈川建築コンクール」で 一般建築物部門 優秀賞 を受賞しました。

  •  本コンクールは神奈川の建築文化・建築技術の向上を図り、 魅力ある街づくりを推進するため、神奈川県と県内12市が主催しているものです。今回、応募件数65件中12作品が 選ばれ、当社施工(JV)の「第一生命新大井事業所」が優秀賞を受賞しました。
    「町と共にあるひとつの企業の、渾身の象徴的プロジェクトとして、建築物としての規模もともかく、地域にとって極めて意義のある社会的投げかけと評価できる。建築としても、環境共生技術や地域との関係など、無数の試みが凝縮されている。」との評価を頂きました。
     
  • 【概要】
    いわゆる郊外型バックオフィスの思想の元、1968年に建てられた第一生命旧大井本社の事業所再編に伴う新築計画。空調機を内蔵した全長150mのホワイトコンクリートのバルコニーと、緑豊かなランドスケープが特徴です。
     
    所 在 地 神奈川県足柄郡大井町上大井131-1
    敷地面積 26,083.84u
    延床面積 44,488.36u
    構造規模 S・RC・SRC造/B1F・4F
    建 築 主 第一生命保険
    設 計 者 樺|中工務店東京一級建築事務所
    施 工 者 樺|中工務店横浜支店/日本建設
     

2012年04月01日
住宅金融支援機構の 優良賃貸住宅賞 を受賞しました。

  • 優良賃貸住宅賞は住宅金融支援機構の融資を利用し建設された賃貸住宅の中から、子育て世帯及び高齢者世帯への配慮といった日本の住宅政策の課題に対応した良質な賃貸住宅の供給や地域のまちづくりの推進に寄与したものを同機構が選定し表彰しているものです。
    当社施工の「Y'sT、Y'sU」がそのうちの1棟に選ばれました。平成20年度の「浜田山/MA」に続き2度目の受賞となります。
  • 【概要】
    「ワンルーム3戸+メゾネット6戸」の住棟と「ワンルーム4戸」の住棟で構成されています。
    竹フローリングの床とコンクリート打放しの内外装が特徴です。

     所 在 地  世田谷区若林1‐10‐3(住居表示)
     構  造  鉄筋コンクリート造(壁構造)
     規  模  地上3階建
     用  途  長屋住宅(9戸)・共同住宅(4戸)
     建築面積  141.38u ・ 67.50u
     延床面積  410.64u ・ 165.62u
     用途地域  第1種住居地域
     設  計  鰹明一級建築士事務所
     施  工  日本建設株式会社
     

2009年10月01日
「第26回住まいのリフォームコンクール」で弊社施工案件が 国土交通大臣賞 を受賞しました。

  • このコンクールは、住宅リフォームの普及促進とリフォームの水準向上を図る事を目的として、全国各地で施工された住宅リフォーム事例を募り、住まいとして優秀な事例について設計者・施工者を表彰し、これを消費者や事業者に広く紹介するものです。(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター(http://www.refonet.jp/csm/case/contest_26.html)の主催によって、昭和60年度より毎年実施されています。今年度は総数592点の応募作品が寄せられました。東洋大学名誉教授 上杉啓氏をはじめとする審査委員会の厳正なる審査の結果38点の入賞作品が選ばれ、なかでも弊社の施工案件「OGGI-続築」が、第1位として 国土交通大臣賞 を受賞いたしました。
  • 国土交通大臣賞
    タイトル:OGGI−続築

     
    設 計 : 慨AITO ASSOCIATES
    施 工 : 日本建設
    場 所 : 東京都杉並区
  • 本案件のような軽量鉄骨造の規格型プレハブ住宅は、古くなるとその多くが解体されてきました。しかし一方で、耐震性能等の住宅性能が高く、築後20年近く経過していてもメーカーの協力を得られ易いといった長所をもっています。いま地球規模の環境保全が課題となっているなか、弊社はそれらの長所を生かした「リノベーション」の手法を用いることで、建物を解体することなく低価格で再生したことが高く評価されました。

  • 改修前
       
    改修後
     ※再生可能かどうかは幾つかの基準がございます。詳しくはお問い合わせください。  

バナースペース

日本建設株式会社

〒102-0076
東京都千代田区五番町14番地

TEL 03-3265-3211
FAX 03-5275-3160

ヌ猊犲モア゚インテ箙ムハモニオ_ネユアセハョーヒスボユレタケナセナセツサュ_テ箙ムテ箙ムナセハモニオケロソエハモニオ